21世紀のこと分からない 私の声 とてもうつろで

乞食速報ですが、
Epic Games にて予告通り、2Dサイドビューアクションの『20XX』(英語のみ)、FPVのローグライトCO-OPアクション『Barony』(英語のみ、Mac版あり)、剣撃アクションADV『スキタイのムスメ:音響的冒険劇』(日本語あり、SteamではMac版があるが、Epic Games StoreにはMac版なし)が無料配布されている。
今週はEpic Game Storeにてセール中だったために大盤振る舞いだったようだ。
来週の無料配布はパズル要素の強い倉庫管理2Dアクション『Wilmot's Warehouse』と予告されている。英語のみ、Mac版あり。これはちょっと面白そうである。

itchにて『The Outcast Lovers(追放恋人)』というビジュアルノベルが無料配布されている。英語のみ、Mac版あり。Steamでも後日公開予定となっていて、既にSteam内にストアページは公開されている。前作に当たる『夜の漁師』もSteamにて無料公開されていることから、『The Outcast Lovers(追放恋人)』もSteamでも無料となる可能性は高い。

2020/08/07 追記

Epic Gamesにて予告されていた倉庫管理2Dアクション『Wilmot's Warehouse』と追加でADV『3 out of 10, EP 1:Welcome To Shovelworks』(英語のみ)が無料配布されている。『3 out of 10, EP 1:Welcome To Shovelworks』は新作らしく、英語圏でも「本日発売」程度の情報しかない。
次週の無料配布は3DアクションシューティングRPG『Remnant: From the Ashes』、2Dサイドビューアクション『The ALTO collection』と予告されている。

2020/08/08 追記

Steamにて『The Elder Scrolls Online』と『Borderlands 3』が無料プレイ中。『The Elder Scrolls Online』は8/19まで。

2020/08/09 追記

Humble Bundleにて『F1 2018』が販売終了となるので、それに合わせてその『F1 2018』を無料配布中。

ゲームメーカーBethesdaが同社のBethesdaランチャー利用者に初代『Quake』を無料配布中とのこと。私はアカウント作ったりするのが面倒だし、もらってもどうせやらないので、スルー。

IndieGalaにて『A.I.M. Racing』というゲームが無料配布中。レースゲーム + シューティングというゲームらしく、50ラウンド以上の面があるとか。レースが上手うまくても後ろから撃たれるのを避けないとけないし、撃って破壊しないといけない障害物もあるようだ。対戦すれば確実に友達を失くすヤツだが対戦機能はないらしい。

2020/08/13 追記

Bethesda.netランチャーを起動すると、今度は『Quake II』がもらえるとのこと。
さらに、8月17日から3日間は『Quake III Arena』がもらえるとのこと。

2020/08/14 追記

Epic Games にて予告通り、3DアクションシューティングRPG『Remnant: From the Ashes』、2Dサイドビューアクション『The ALTO collection』が無料配布中。
追加で『A Total War Saga: TROY』が明日まで無料配布されている。
来週の無料配布は、見下ろし型シューティングゲーム『GOD'S TRIGGER』と、既に一度無料配布されたことのある『Enter the Gungion』と予告されている。

2020/08/15 追記

Epic Gamesにて先週無料配布された『3 out of 10』の「Episode 2 Foundation 101」が無料配布されている。

2020/08/18 追記

SteamにてF2Pなチョイエロゲーム『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』が配信開始されている。

2020/08/20 追記

Microsoft Storeにて『Ryza Roads』という乗り物ゲームが無料配布されている。Microsoft Storeでしか配信されていないゲームらしく、情報が少なくてどういうゲームなのかわからないが、レースゲームとされているがクルマだけでなく飛行機にも乗れるようである。

2020/08/21 追記

Epic Gamesにて予告通り『Enter the Gungion』と『GOD'S TRIGGER』が無料配布されている。
来週の無料配布はステルス暗殺3Dアクション『HITMAN(2017)』とSRPGShadowrun Collection』と予告されている。

2020/08/22 追記

Epic Gamesにて『3 out of 10, EP 3: "Pivot Like A Champion"』が無料配布されている。私はまだEp1もプレイしてないんですけど。

2020/08/26 追記

GOGで『Serious Sam: The First Encounter』が無料配布されている。

2020/08/27 追記

SteamにてTPVパズルゲーム『Magrunner: Dark Pulse』が無料配布されている。

Uplayを立ち上げたところ、本日深夜から1週間『RAINBOW SIX: SIEGE』が無料プレイとなるとのこと。

2020/08/28 追記

Epic Games にて予告通り、ステルス暗殺3Dアクション『HITMAN(2017)』とSRPGShadowrun Collection』が無料配布されている。
来週の無料配布はターン制ストラテジーの『Into the Breach』と予告されている。『Into the Breach』はEpic Gamesから2019/12/20に一度無料配布されている。

Epic Gamesにて『 3 Out of 10, Ep. 4』が無料配布されている。私はまだEp.1すらプレイしていないんですけど。

つまり国は 滅びない戦場 (2020/08/01 追記)

7月中に開始すると言われていた『Humankind』のOpenDev(無料)が現地時間の7/31 PM 6:00に公開された。今からインストール開始!

f:id:ta-nuki:20200801063843p:plain
Humankind OpenDev

最初のシナリオの「バビロンの塔」は30ターンだけの制限となっている。敵と会わず、淡々と図版を広げるだけだった。
『Endless Legend』のようにmapは最初から"地域"に分けられており、地域に1つしか都市を建設できないのは変わりないが、これまでの数多のこの手のシミュレーションと異なり、開拓民を作って目的地に送って都市を建設するのではなく、軍隊を派遣して前哨基地を作り、これをお金で都市へ変えるという手順となっている。前哨基地のままでも、資源の採取場を建設(というかお金で購入)して資源の採集が可能となっている。ある意味『Stellaris』みたいなルールである。
また、都市にて割と頻繁にイベントが起こる。
それと、軍事ユニットで探索すると、結構お金や研究力が落ちていて、拾うことが出来る。『Civilizationシリーズ』の先住民の小屋みたいなものだが、結構多いのと、かなり近くまで近づかないと見つけられない。くまなく探索する必要がある。

2020/08/07 追記

数日前に『Humankind OpenDev』を起動したら、起動したけどシナリオを選べなくて遊べない状態だった。
今朝未明に新シナリオが配信されたのだが、4本あって、いずれも局地戦だけのものだった。1つ目がヒッタイトのチャリオットでエジプトを蹴散らすもので、初戦では河のマスを通るときは必ず河のマスで止まるというルールを知らずに一方的に弓で撃たれて全滅した。
2本目は自軍の騎馬兵が相手の密集兵に予想以上に弱くて、自分から仕掛けて死んだりして負けた。
3本目はオスマン軍でコンスタンティノープルを攻め落とすのだが、2本目からえた教訓により、槍兵で敵の騎馬兵を倒した。また、相手の弓兵は自軍のトレビュシェットで潰して、勝利した。
4本目は臨津江の戦いで、史実では勝っているのだが、全然勝てない。後で、日本軍の鉄砲兵は近接攻撃も出来るという噂を聞いたが、どこにそんな事書いてあったんだ?

ていうか、SRPGじゃなくって、ストラテジーをやりたいんだよ。でもSRPG系として評価するなら、かなり凝ったレベルデザインではあった。