ミサイルしょったら出撃だ

乞食速報ですが、
Epic Gamesにて予告通り、3Dダイビングシミュレーター『ABZÛ』とオンラインマッチングのチーム制対戦FPS『Rising Storm 2: Vietnam』が無料配布中。なお『ABZU』は2019/09/06にもEpic Gamesにて無料配布されている。
次週の無料配布はFPVのホラーAADV『Amnesia: A Machine for Pigs』と2DサイドビューのRTS『Kingdom : new lands』と予告されている。なお『Kingdom : new lands』は2019/06/07にもEpic Gamesにて無料配布されている。

2020/10/11 追記

Steamにて『Sonic The Hedgehog 2』が無料配布されている。

2020/10/12 追記

気づいていなかったんですが、Epic Games Storeにて無料の『Rocket League』をダウンロードすると、Epic Games Storeで使える1,000円の割引券が貰えるとのこと。ただし、1,500円以上のお買い上げにだけ使えるとのこと。
で、『Mutant Year Zero: Road to Eden』のDLC『Seed of Evil』を買おうかとストアページを確認したら、1,499円だった。
『Hitman』のGOTYアップグレードが2,080円なので、買うかどうか悩み中。

2020/10/14 追記

https://giveaway.companyofheroes.com/にて『Company of Heroes 2』本体とDLC『Southern Fronts Mission Pack』のSteamのKeyが配布されている。なお『Company of Heroes 2』本体は2019/11/16にSteamにて無料配布されている。

2020/10/15 追記

またもやSEGAが創立60周年ということでhttps://www.sega60th.com/registerにて通常おま国の『NiGHTS into dreams…』という、1996年にセガサターン向けに発売された3Dアクションゲーム作品のHDリマスターPC版を無料配布している。

2020/10/16 追記

Epic Gamesにて予告通りFPVのホラーAADV『Amnesia: A Machine for Pigs』と2DサイドビューのRTS『Kingdom : new lands』が無料配布されている。
来週の無料配布はターン制バトル付きARPG『Costume Quest 2』とFPVのホラーAADV『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』と予告されている。

2020/10/17 追記

またもやSEGAがSteamにてオンラインマッチング(orローカル対戦)の見下ろし型の戦車戦ゲーム『Armor of Heroes』を無料で公開した。
さらにSEGAはSteamにて、『Endless Zone』という横スクロールSTGを無料公開した。こちらは10月19日午前10時(PST)までとのこと。どちらもWindowsのみ、英語のみ。

IndieGalaにて『Ghost Sweeper』というドッド絵の2Dサイドビューのアクションパズルプラットフォーマー(ステージクリア型)が無料配布されている。

2020/10/18 追記

またもやSEGAがSteamにて『ベア・ナックル』のシステムにて『龍が如く』の登場人物が闘う2Dサイドビューベルトスクロールアクション『Streets Of Kamurocho』を無料配布中。Windowsのみ、英語のみ。

2020/10/19 追記

またもやSEGAがSteamにて『ゴールデンアックス』の2.5次元リミックスの試作品『Golden Axed: A Cancelled Prototype』を無料配布している。あくまで試作品で1ステージ目までしかなく、バランスも未調整とのこと。

2020/10/23 追記

Epic Games にて予告通りターン制バトル付きARPG『Costume Quest 2』とFPVのホラーAADV『Layers of Fear 2 恐怖のクルーズ』が無料配布されている。
次週の無料配布は映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のAADV版である『Blair Witch』(日本語あり)と、映画『ゴーストバスターズ』のアクションゲーム『Ghostbusters:The Video Game Remastered』(日本語なし)とされている。

GOGにて『Europa Universalis II』が無料配布中。
日本語化パッチがあるとのことなので、インストール後にパッチを当てたところWindows10(64bit)環境で日本語化出来ました。グラフィックが古臭いわ、BGMの音量と操作音の音量の比率を調整できないなど、ストレスを感じながらチュートリアルをプレイ。シミュレーションゲームなので、各パラメータの意味がいまいちわからないので攻略wikiを読むと、その奥深さにびっくり。ていうか、歴史イベントがてんこ盛りで、地理選択の私が知らないことばかり起きる。
で、グランドキャンペーンをモスクワでプレイ開始。陸の王者を目指す。
モスクワはゲーム開始年の1419年においてはキプチャク汗国(金帳汗国, ジョチ・ウルス)の属国である(タタールのくびき)ので、まずは独立を宣言。
同年1月に北東に接する、モスクワと婚姻関係のある、まだキプチャク汗国の属国のスズダリが、モスクワの西隣のノヴゴロド公国に宣戦布告。モスクワの北側でドンパチやっている。
初回プレイではデンマークとその属国のスウェーデンノヴゴロド公国へ宣戦布告。泥沼化。他国が攻めている所に攻め込んでも十分な戦果を挙げれないと判断して、モスクワ南東のリャザンへ宣戦布告。1年程度戦って占領し、属国化。
モスクワの東隣にある、キプチャク汗国の属国から独立したトヴェリ公国がその北にあるノヴゴロド公国へ宣戦布告して攻め込んだため、こちらはトヴェリ公国へ宣戦布告。約1年掛けて占領し、併合。ノヴゴロド公国デンマークの戦争が全然終わらずに待っている間に手元の資金がショート。万事休す。
で、モスクワで再プレイ。またもスズダリがノヴゴロド公国に宣戦布告。そしてデンマークノヴゴロド公国に宣戦布告。今回はリャザンとトヴェリ公国がみずからキプチャク汗国から独立。関係なく1419年5月にリャザンへ侵攻。約一年後に占領して今回は併合した。
で、またトヴェリ公国がノヴゴロド公国へ宣戦布告。そこへまた侵攻して占領し、トヴェリ公国を併合。しばらく経ってもまたもやノヴゴロド公国デンマークの戦争が全然終わらずに、こちらの資金がショート。万事休す。
3回目もモスクワで始める。すぐに独立。またスズダリがノヴゴロド公国に宣戦布告。しかしデンマークは今回は南下施策をとるのか、ブレーメンに宣戦布告。
すると3月にリャザンから宣戦布告を受ける。返り討ちにして占領。セーブしてから併合すると、南西に国境を接するリトアニアから宣戦布告を受ける。即座にリトアニアと同盟国のポーランドも参戦。そんなの勝てるわけがない。仕方がないのでセーブファイルをロードして、リャザンを併合せずに賠償金を175$せしめる。リャザンはまだキプチャク汗国の属国のままなので我が国の属国に出来ない。
こちらが戦争している間に、トヴェリ公国とその西隣のプスコフ共和国が戦争していたので、火事場泥棒的にいつも通りトヴェリ公国に宣戦布告すると、宗主国であるキプチャク汗国から宣戦布告された。仕方がないのでセーブファイルをロードしてやり直す。リャザンからの撤収中にスウェーデンが領土の通行権をくれと言ってきたのであげる。同様にリトアニアも通行権をくれと言ってきたのでこちらにも献上する。なお、通行権の貸し借りがある国には宣戦布告出来ない。で、リトアニアポーランドが宣戦布告したプロイセンドイツ騎士団との戦争に参戦して我が国との国境から兵を引いた。キプチャク汗国もグルジアと戦争を始めて、北部の兵を減らした。
で、ノヴゴロド公国に宣戦布告。約2年掛けてスズダリが占領した1つの州を除く全てを占領、占領した州のうち首都以外の5州をぶんどる。その戦争中にプスコフ共和国がノヴゴロド公国に宣戦布告。こちらが和平しても、そちらの戦争は継続。約6年後にプスコフ共和国が返り討ちにあってノヴゴロド公国に占領されて併合された。終戦直後にノヴゴロド公国に宣戦布告。全州を征服してプスコフをうばい、ノヴゴロド公国を属国化した。その間に、リトアニアドイツ騎士団プロイセンの戦争が終結。すると今度はドイツ騎士団プロイセンデンマークが宣戦布告。スウェーデンがうちのプスコフを通ってドイツ騎士団へ進軍し、1つの州(ラトビア)をぶんどって戦争終結。するとこんどはデンマークポーランドへ宣戦布告。リトアニアが参戦。直後にデンマークで反乱が起こって政府崩壊し、強制休戦。スウェーデンポーランドリトアニアという無茶な戦い。リトアニアが我が領土を通ってスウェーデンへ進軍。結局、元ドイツ騎士団の領土だったスウェーデン領土のラトビアリトアニアへ割譲して休戦。
その間にキプチャク汗国とグルジアとの戦争が終結。その後、同じ正教会系のグルジアから何度も同盟の話が来るが、巻き込まれたくないため拒否する。その後、キプチャク汗国が我が国の国境に少なくない兵を配置したため、その属国のリャザン、トヴェリ公国へ攻め込みにくい。セーブしてからトヴェリ公国へ宣戦布告して攻め込む。キプチャク汗国は特に反応せず、トヴェリ公国を占領し併合。さらにリャザンへ宣戦布告して攻め込み、占領して併合するもキプチャク汗国は動かなかった。が、数年後に「他国へ戦争を仕掛けるな」という警告を送ってきた。遅すぎるだろ。いや、まだ属国のスズダリがあるから遅すぎるということはないか。スズダリには攻め込みたいがゲーム開始時点で既に婚姻関係があるので攻め込めない。リトアニアが我が国が与えた通行権を返上してきた。いよいよ攻めてくるのかと思いきや、我が国との国境付近の兵を半減させた。スウェーデンデンマークの属国から独立を宣言すると、なんとノルウェイはみずからデンマークに併合された。デンマークは先の政府崩壊でボロボロだったのがこれで幾分持ち直した。

Steamにて『Space Engineers』と『Europa Universalis IV』が週末無料プレイ中。
土曜日の朝に寝違えてしまって1日中体調が悪くて、『Space Engineers』をインストールして日本語化パッチを当てたのにプレイできませんでした。

2020/10/30 追記

Epic Gamesにて予告通りAADV『Blair Witch』(日本語あり)と、アクションゲーム『Ghostbusters:The Video Game Remastered』(日本語なし)が無料配布されている。
次週の無料配布は戦争モノのRTS『Wargame: Red Dragon』と予告されている。いつの間にか内容が変わって、ダンジョンキーパーの影響が濃いRTS『Dungeons III』に変更となっています!

2020/11/02 追記

HumbleBundleにて2DサイドビューRTS『Kingdom: Classic』のSteamのKeyが無料配布されている。Mac版あり、日本語なし。
2020/11/05 追記
Steamでも『Kingdom: Classic』が無料配布中。なお、Steamの無料配布のほうが先に終わりそう。先にHumbleBundleでもらったKeyを有効化すると、2つ持っていることにはならない。Steamでもらった後にHumbleBundleでもらったKeyを有効化すると2つ所有になるのだろうか?

2020/11/06 追記

サマータイム終わって、時差が拡大してます。
Epic Gamesにて、急に予定が変わって、ダンジョンキーパーの影響が濃いRTS『Dungeons III』が無料配布されています。日本語あり。これは差し替わってラッキーとしか言いようがない。
次週の無料配布は、弾幕を避けながら呪文をタイピングして敵を倒すという異色の2D見下ろしアクション『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』とされている。

2020/11/13 追記

Epic Gamesにて予告通り『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』が無料配布されている。英語のみ、Mac版あり。
次週の無料配布はマルチオンラインな宇宙シミュレーション『Elite Dangerous』と、対戦アクションパズル付きAADV『The World Next Door』とされている。

2020/11/14 追記

GOGにて見下ろし型アクションシューティング『Teleglitch: Die More Edition』が無料配布されている。Steamのコメント欄によるとかなり難しいらしい。英語のみ。

2020/11/17 追記

GOGにてドッド絵の2Dサイドビューアクション『Butcher』が無料配布されている。

2020/11/20 追記

Epic Games にて予告通り『Elite Dangerous』と、対戦アクションパズル付きAADV『The World Next Door』が無料配布されている。どちらも日本語なし。『The World Next Door』はMac版あり。
次週の無料配布はオフロードでシベリア横断するレーシングゲーム『MudRunner』と予告されている。Mud = 泥です。

2020/11/22 追記

Steamにて『Comanche』というエアーコンバットゲームがDemoとしてオンライン対戦パートを無料で配布している。シングルプレイ部分は従来どおり有料で、有料コンテンツを購入しているとオンライン対戦で有利となる、いわゆるPay to Winであるらしい。

2020/11/25 追記

Steamにてドッド絵2D横スクロールシューティング『Is It Wrong to Try to Shoot 'em Up Girls in a Dungeon?(ダンまちでシューティングは間違っているだろうか)』が無料公開されている。英語のみと書かれているが、実際は日本語対応。

2020/11/27 追記

Epic Gamesにて予告通りオフロードでシベリア横断するレーシングゲーム『MudRunner』が無料配布されている。
次週の無料配布は日本では有名なドッド絵2Dサイドビューアクションシューティング『Cave Story+ 洞窟物語』とされているが、英語のみと表記されている。

2020/12/04 追記

Epic Gamesにて予告通り、ドッド絵2Dサイドビューアクションシューティング『Cave Story+ 洞窟物語』が無料配布されている。
次週の無料配布は『Pillars of Eternity - Definitive Edition』と『Tyranny』と予告されている。どちらもSteamではMac版があるが、Epic GamesではWindows版のみ。どちらも公式には日本語対応ではないが『Pillars of Eternity - Definitive Edition』は有志による日本語化MODがある模様。

おじけづくなら出てくるな

『Let it die』というゲームのプレイ動画を4本ほど上げたのですが、視聴回数が少なすぎてもうやめようかと。
そもそもこの「ワノキ」エリアのステルス技を見せたくて動画を上げ始めたので、4本目のこれだけ見て頂ければ本望です。

www.nicovideo.jp